0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

骨董市

暑いけれど昨日よりは涼しいです。

9月の骨董市にやって来ました~。

そらまめは北海道のアノ黒い石「神居古潭(かむいこたん)」があれば、アレを。

私くろまめは「明治~大正~昭和初期の文房具」を。

二人とも明確な目的を持って来ました。



そらまめは、入り口から真空管のおじさまのところへ行き、盛り上がっています。
私は思いました。「他のお客様の購買意欲を失せさせたらいかんばい」。

真空管ラジオの脇に、英語版のアマチュア無線のハンドブックが置いてあるのに気付き、そらまめに声をかけました。

オッ! 喜びました(*^^*)
店主も喜びました(*^^*)
他のお客様がもう一冊の本を手にしました*\(^o^)/*

英語版なので脳ミソが英語モードになったのでしょう。
そらまめ「”How much?”」
店主「”One thousand yen!”」

1971年発行のアマチュア無線のバイブルみたいな本だと言ってそらまめは喜んで買いました。

私は、文房具の中に惹かれるモノがなかったので断念。
袋モノの素材とデザインと値段を丹念に見るだけにしました~



そらまめは石屋さんが商いをしていないことに残念がりはしましたが、アノ本がゲットできたのでOK。

私は、バンブーカゴと赤いガラスの花瓶を買いました。

しかし未練が…… 下写真⇩
そらまめの撮った写真です。確かに後ろ髪が引かれている様子が出ていまする~



車中で品物を撮りました。⇩







夕方からは畑なのだぁー*\(^o^)/*









スポンサーサイト
【 2016/09/03 】 日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する